富士山の麓で 人力発電遊園地 を舞台とする「 魔笛 」を上演!!

​  

可動式天井を開けると客席から富士山が望める富士河口湖町の河口湖ステラシアター。この舞台に人力発電遊園地を設営。大蛇や夜の女王、パパゲーノらが人力発電による乗り物で登場し、背景の星空や試練の炎も人力発電によって輝く、まったく新しい試みの新感覚モーツァルト・オペラです。

日時 : 2020年4月12日(日)

プロデューサー:茂木和行(NPO法人人力エネルギー研究所代表)

演出・監督:藪内俊弥

キャスト:渡辺大(タミーノ)宮部小牧(パミーナ)中野瑠璃子(夜の女王)押見春喜(ザラストロ)、小田川哲也(弁者)、さて、パパゲーノとパパゲーナは誰に? お楽しみ!

人力発電遊園地    : 「創作機械工房ピッコロSPA」

人力発電電飾ディレション   :「アヤナスヒカリ」の大島エレク総業。

 

私たちのこれまでの足取り

主催: NPO法人人力エネルギー研究所  

2017年7月26日、河口湖ステラシアターロビーで、「発電床®」の上で子どもたちが足踏みし「モーツァルトを光で奏でる」プロジェクトを実行。

2018年7月8日、富士河口湖役場前広場で、足こぎ発電により動くSLやメリーゴーランドを登場させた「魔笛@人力発電遊園地」を開催。

 

 

同年11月9日、電飾LEDを足踏み発電で地獄の炎に模した「ドン・ジョヴァンニ@人力発電」を、河口湖円形ホールで上演。

「スマート・ヴィレッジwith人力発電」へ向けて

南国生まれの動物たちを足こぎの人力発電で暖めたフランス生まれのお化けバーバパの物語をモデルに、究極の再生可能エネルギーとして「人の力」を位置づけ、太陽も、風力も、水力も使わない「人力発電」によって、「エネルギーの自給自足社会」を実現させる「スマート・ヴィレッジwith人力発電」を準備中。

©2023 by SKTR. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now